保険マンモスは夫婦そろっての面談がお勧めな2つの理由とは!


 

結婚して子供も2才になったので将来の事を考えて
学資保険に入っておこうかなと考えてはいませんか?

 

 

 

学資保険(こども保険)は、子供の将来の教育資金の
積立てが主な目的となるので、貯蓄性が最重要です。

 

 

 

とうのは学資保険(こども保険)というのは、大学の入学関連費用分を
蓄えることが主な目的の商品です。
親に万一のことがあった場合の子供の教育費の保障は、
親の死亡保障で備えるのが基本です。

 

 
学資保険、こども保険など様々な呼び方がありますが、
教育資金として100~300万円くらいを積み立てていくのが、
学資保険の一般的な使い方です。

 

 
保険に加入できるのは、保険商品によって多少の違いはありますが、
子供が0歳から10歳前くらいまでとなります。
早めに加入した方が月々の保険料負担は抑えられるんですね。

 

 

 

 

しかしこのような学資保険でも
貯蓄タイプと保証タイプと2つあるのはご存じですか?

 

 

 

 

正直私は知りませんでした。
もしかしたらあなたも学資保険という言葉は聞いた事があるけど、
詳しい事は知らないよ~と思うかもしれません。
でも大丈夫です。
それが普通なんです。

 

 

 

あなたがもし今生命保険は入っているけど、学資保険はどのくらいの
費用がかかって、生命保険とのバランス、家計とのバランスを
自分で考えるのは困難だと思います。

 

 

 

あなたが専門的な知識はないけど、しっかり丁寧に説明してくれる人さえ
そばにいれば何も困る事はありません。

 

保険マンモスの面談を夫婦で相談するメリットはコレ!

先を見据えた生活設計を考える際には、 御夫婦一緒に考えることが重要です。

 

 

 

一つ目の理由としては保険で将来に備えた場合、
保険を掛けている保険の中身が明確になっていないと
無用な保障に気づけないことだってあります

 

 

 

 

二つ目の理由はパートナーが加入している保険をしらないと
いざという時の場合に給付金や保険金を受け取れないという
可能性も考えられます。

 

 

 

当然ですがあなた一人で聞くより理解が深まるのです。
御夫婦でじっくりと検討する事が将来設計を真剣に考える上では
とても大切なんです。

 

 

 

 

教育資金の備えというのは、学資保険だけでなく、
親の死亡保障や他の資金準備方法などトータルで考えるべきなので
お金の専門家ファイナンシャルプランナーへの相談をオススメします。

 

 

 
この機会に夫婦で将来設計に関して真剣に考え、保険とお金のプロに相談して
子供が育つのに安心した環境を整えておきましょう。

 保険マンモスの無料相談は今すぐこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です