アフラックのデメリット!がん保険と言えばアフラックであるが本当にお得なのか?


30代半ばのあなたはたまにテレビやニュースで芸能人が
がんで亡くなったというのを見ると、『決して他人事でなないな~』と
思っていませんか?

 

 

 

30代半ばになると自分の家族もあり、自分だけではないという責任感から
もし自分が亡くなった場合にはなど考える事が多いと思います。
そしてがんという病気もとても身近なものになっています。

 

 

 

怖いですね。

 

 

 

そしてそのために保険に入っておこうと考えてどこがいいのかと
考えれば、テレビCMなどでよく見かけるアフラックかと思います。

 

 

 

がん保険イコールアフラックというイメージがあるくらい
あなたの頭の中に定着しているかと思います。

 

 

 

アフラックって本当にお得なの?
なんて疑問があると思いますので、簡単に説明しておきます。

アフラックのがん保険「新生きるためのがん保険Days」の主な保障内容は以下のようになります。

 

 

新生きるためのがん保険Days(アフラック)の加入例
公式ページ
  • 月額保険料:3429
  • がん一時金:100万円
  • 抗がん剤治療給付金:5~10万円
  • 入院給付金日額:1万円
  • 手術給付金:20万円
  • 通院給付金:1万円
  • 先進医療保障:2000万円まで保障

 

※30才男性/終身払い 「がん先進医療特約」「診断給付金複数回支払特約」を付加して計算

 

 

他社との比較とアフラックのデメリット

アフラックのデメリット
1、診断給付金が特約をつけないと1度しか支払われない
2、上皮内がん(いわゆる初期がん)」の給付金が大幅に少ない
3、先進医療の保障がない

 

 

診断給付金

 

がんと診断された際の一時金の給付条件ですが最近のがん治療は、
通院主体となりつつありますので、ここは最も重視したいポイントです。

勇気のお守り 100万円 2年に1回を限度とする。2回目以降も診断された時点で給付
アフラック 100万円 2年に1回を限度。2回目以降は入院が条件
がん治療支援保険NEO 100万円 2年に1回を限度とする。2回目以降も診断された時点で給付

 

アフラックは基本保障のみだとがん一時金は初回のみしか受け取れません。
ですので「診断給付金複数回支払特約」という特約を付加する必要が出てきます。

 

 

しかしその特約を付加しても、初回も2回目以降も給付金額は100万円で同じですが、
2回目以降の給付は入院が条件となっています。

 

 

これは「勇気のお守り」(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)や
「がん治療支援保険NEO」(東京海上日動あんしん生命)の
「2回目以降も診断の時点で給付」と比べてデメリットです。

 

 

 

上皮内がん(いわゆる初期がん)

 

がん一時金は「上皮内がん(いわゆる初期がん)」「悪性がん」
給付金の条件が 分けられています。上皮内がんへの保障

勇気のお守り 100万円
アフラック 10万円
がん治療支援保険NEO 100万円但し1回限り

 

アフラックは上皮内がんへの給付金が10万円と他社に比べると
かなり低いのがデメリットです。

 

 

先進医療に対する保険

 

より高度な治療である先進医療に対する保険料は、
一生保険料が変わらない「終身型」と、 定期的に更新される「更新型」があります。
「更新型」は保険料が値上がりする可能性があるので「終身型」が優れていますが、
アフラックは10年更新型なのでデメリットですね。

勇気のお守り 終身型
アフラック 10年更新
がん治療支援保険NEO 10年更新

アフラックのがん保険で本当に良いですか!?自分で選ぶのは意外と難しい?

今では保険相談ファイナンシャルプランナー相談するケースが、
当然の時に変わってきているだけでなく保険取り扱っている
ファイナンシャルプランナー資格保有必須という考え方がスタンダードになってきています

 

 
旧式の保険設計と同じ様に保険保障のみで全てをフォローすることはせず
公的保障ライフプランといった総合的に考えて保険設計をすることこそが結果として
あなたのためになる事
が理由でファイナンシャルプランナーに対する
相談需要大きくなってきています

 

 


このような事実等を通じて例え加入したい保険決まっていても
一歩立ち止まって保険マンモスというファイナンシャルプランナーサービス利用する
メリット
について紹介していきたいと思います

 

1、検討している保険が自分に合っているか再確認できる

保険マンモスのファイナンシャルプランナーサービス最重要な優れた点は
保険実務に対して特に精通している専門家ファイナンシャルプランナーから
費用も掛からず保険相談受けることができるところにあると言えます

 

 
さらに1つの保険商品に特化することなくあなた必要としている
需要に合った保険商品提案できるスキル兼ね備えた
ファイナンシャルプランナー対応するため検討している保険
自分に合っている再確認できてしまう有利性もあります

 

2、検討している保険よりももっと良い保障内容が見つかる可能性がある!

加入したい保険がある程度確定しているけれどもファイナンシャルプランナーサービスを
使用する事念のため本当にこれで良いのか確認しておこうという考え方
時に幸運をもたらすことがあると思います

 

 

例えば、保険マンモスのファイナンシャルプランナーサービス自分の検討している保険
自分に合っている再確認できたけれども実のところ同じ保障内容保険料安上がりだった
ファイナンシャルプランナーサービスを活用したことで
検討していた保険よりもさらに保障レベルアップして更に保険料少なくて済んだ
などといった事はごくあたりまえのようにありふれています

 

 

実は知らなかっただけで、『もっと良い保険があった』という事は普通にあります。

 

 

この原因は1つの保険専門化するのではなく複数の保険からあたな希望に合致した
保険を詳細に当てはめて調査ことができるからで
そのほかたとえば保険比較サイト保険会社保険料シミュレーションでは
あなたが希望している保険きっちりと見つけ出すことは現時点では困難な状況です

 

 

 
これは私自身がサイトシミュレーターなどを利用した中で
詳細に調べるのは困難率直に思ったことであり保険加入手続きを行うことが
できる
ファイナンシャルプランナーでなければ詳細」な情報を得ることは困難だと言えます

このような事は保険会社も競争であるので何でも公開できる内容ではないためです。

 

3、自分の持っていなかった情報を提供してもらえる

ファイナンシャルプランナー資格の持ち主である人から保険相談
費用なし受けられることは保険加入考えているあなたにとって
大きなアドバンテージ要素であると思います

 

 

検討している保険がある程度決まっていてもファイナンシャルプランナーサービスを
活用する事はつまり保険のセカンドオピニオン」に見たてる事もできます。
新たにあなたに足りていなかった情報を知れる可能性でもあるのです

 

 

さらにマイホーム購入の次に高い買い物といわれる生命保険
家計直接関係する無駄なお金多少でも支出しなくて済むかもしれないといった
ある種のリスク回避として活用する事もできると確信しています

 

アフラックのデメリットは保険マンモスで解決できる!

保険マンモスは、全国各地に在籍する特定の保険会社に所属しない
ファイナンシャル・プランナー(FP)が、中立な立場からあなたに合致した
保険商品をご提案するサービスです。
お客様からはサービスの利用にあたって料金をいただくことがない代わりに、
提携保険会社各社から手数料を受取って運営にあてているのです。

 

 

 

アフラックのがん保険はトータル的に素晴らしい商品ですが、
あなたに求めているものに合致していますか?という事が大事です。
なので有名だから良いという訳ではありません。

 

 

 

他社との比較とアフラックのデメリット

アフラックのデメリット
1、診断給付金が特約をつけないと1度しか支払われない
2、上皮内がん(いわゆる初期がん)」の給付金が大幅に少ない
3、先進医療の保障がない

 

 

そして保険を自分で選ぶのは大変な作業ですし、難しいです。
こういった時は保険とお金のプロのファイナンシャルプランナーに
相談すると一番良いです。

 

 

 

あなたの家計や将来設計含めトータル的にアドバイスがもらえますし、
保険も1社だけでなく複数社扱えるので、あなたに合った保険を
提案してもらえます。

 

 

 

無料で相談できますし、何度でも相談にのってもらえます。
本当に自分と家族の事を考えるなら、一度プロに相談すべきです。
今すぐ相談して悩みを解決してしまいましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です