アフラックのデメリット!がん保険と言えばアフラックであるが価格は安いのか?


30代半ばのあなたはたまにテレビやニュースで芸能人が
がんで亡くなったというのを見ると、『決して他人事でなないな~』と
思っていませんか?

 

 

 

30代半ばになると自分の家族もあり、自分だけではないという責任感から
もし自分が亡くなった場合にはなど考える事が多いと思います。
そしてがんという病気もとても身近なものになっています。

 

 

 

怖いですね。

 

 

 

そしてそのために保険に入っておこうと考えてどこがいいのかと
考えれば、テレビCMなどでよく見かけるアフラックかと思います。

 

 

 

がん保険イコールアフラックというイメージがあるくらい
あなたの頭の中に定着しているかと思います。

 

 

 

じゃあアフラックってなんでそんなに人気なの?
どのあたりがいいの?
なんて疑問があると思いますので、簡単に説明しておきます。

アフラックのがん保険で本当に良いですか!?自分で選ぶのは意外と難しい?!

アフラックのがん保険を簡単にわかりやすく言いますと、抗がん剤特約の
手厚い保険だという事です。

 

 

 

ただ結論から言いますと保険料は他の保険会社の商品よりも
やや高めになっています。

 

 

 

そして保障内容ですがやや高めの保険料だから内容充実かと
思えば、突出している訳ではありません。

 

 

 

例えばがん一時金の給付条件というのがあります。
がんと診断された際の一時金の給付条件の事ですね。

 

 

 

これは2回目以降の条件で各社に違いがでてきます。
例えば他社商品であれば、
『2年に1回を限度とする。2回目以降も診断された時点で給付』
とうものですが、アフラックの商品であれば
『2年に1回を限度とする。2回目以降は入院が条件』です。

 

 

 

入院が条件とすれば、診断された時点で給付よりも明らかにデメリットですよね。
これは大きな違いかと思います。

 

 

 

そしてさらに付け加えれば、上皮内がんへの保障というものがあります。
がん一時金は「上皮内がん(いわゆる初期がん)」と「悪性がん」で
給付金の条件が分かれていて、ここにもアフラックのデメリットがあります。

 

 

 

他社商品(例えばオリックス生命や東京海上日動あんしん生命)であれば
給付金100万円という商品がありますが、アフラックの商品は10万円です。

 

 

 

なかなかの違いがあると思います。

 

 

 

アフラックのがん保険はトータル的に素晴らしい商品ですが、
あなたに求めているものに合致していますか?という事が大事です。
なので有名だから良いという訳ではありません。

 

 

 

そして保険を自分で選ぶのは大変な作業ですし、難しいです。
こういった時は保険とお金のプロのファイナンシャルプランナーに
相談すると一番良いです。

 

 

 

あなたの家計や将来設計含めトータル的にアドバイスがもらえますし、
保険も1社だけでなく複数社扱えるので、あなたに合った保険を
提案してもらえます。

 

 

 

無料で相談できますし、何度でも相談にのってもらえます。
本当に自分と家族の事を考えるなら、一度プロに相談すべきです。
今すぐ相談して悩みを解決してしまいましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です