アフラックを退会する場合は解約払戻金(解約返戻金)ってあるの?


保険の内容をしっかり考慮して保険に入ったとしても、
新しい保険商品が登場してそちらのほうが適切だとあなたは判断しました。

 

 

 

そんな時『今入っている保険を退会した特に解約払戻金(解約返戻金)って
あるのかな?』とやっぱり思いますよね。

 

 

 

加入する時にしっかり説明は読んだつもりでも月日が経ってしまえば
忘れてしまうものです。

 

 

 

私もそうでした。

 

 

 

あなたが今入っている保険の退会の段階で気づいたのは、
すごく素晴らしい事です。

 

 

 

簡単に説明しますと、解約払戻金には3つの特徴と3つのタイプがあって、
あなたが加入している保険の解約払戻金がどのタイプなのか確認する必要があります。

 

 

 

3つの特徴

1.解約払戻金がある保険とない保険があります

保険期間が長い保険や貯蓄性のある保険には、解約払戻金があります。
例えば終身保険、養老保険、学資保険ですね。

 

 

2.支払った保険料の満額は戻らない。

貯蓄性のある保険でも『保障部分』と『貯蓄部分』があります。
この貯蓄部分が基本的には、解約払戻金となるのです。
しかし運用経費などが引かれるため、全額が戻るわけではないのです。

 

 

3.保険料払込期間中の解約払戻金は少なくなる。

貯蓄部分は保険会社によって運用されるので、運用期間が長いほど、
基本的には解約払戻金も多いのが普通です。

 
3つのタイプ

1、従来タイプ

払戻率(返戻率)の計算によって計算するタイプです。払戻率というのは
「支払った保険料に対し、いくらの解約払戻金を受け取れるか」ということを示したものです。
払戻率は保険商品によって違うため、契約前に確認するのが必要です。

 

 

2.解約払戻金(返戻金)タイプ

通常の解約払戻金の決まったパーセンテージが戻るタイプです。
保険料払込期間中の解約払戻金が通常より低くなっている分、
保険料払込期間満了後は解約払戻金の払戻率が良くなるのが一般的です。

 

 

3.無解約払戻金(返戻金)タイプ

解約払戻金がない代わりに、保険料を安くするタイプ。
つまり「かけ捨て」と言われるタイプの保険です。

保険を選ぶ際、解約払戻金について確認するのは非常に重要なことですが、
保険の加入ってそもそもあなたの人生そのものです。

あなたはアフラック退会後のライフプランの設計は自分でできますか?

自分のライフプランの設計を自分でできる人はそれで良いと思います。
保険はあなたのライフプランにとってとっても大きいものです。

 

 

 

損をしないためには解約をしない前提で保険を選ぶことができますか?
自分の将来を見据え、さまざまなパターンに対応できる保険を選べますか?
部分的な保障の見直しを行うことなども考えられますか?

 

 

 

こういった不安がもしあるのであれば、保険とお金のプロである
ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーは有資格者で保険とお金に関して
プロでありますので、あなたの今後のライフプランをしっかり
設計してくれて、適切な保険、適切なアドバイスをしてくれます。

 

 

 

きっとあなたが不安に思っている事などを綺麗に取り除いて
くれます。

 

 

 

無料で相談できますし、あなたにかかる費用は一切ありません。
心強いアドバイザーになってくれますよ!!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です