住宅ローン組んだら団体信用保険に入るけど生命保険って必要?節約できる?


家族も増えてきて今住んでいる賃貸住宅からそろそろ引っ越しを
考えなくてはいけないし、妻にもマイホームの購入をせがまれて
いるので、本格的に購入を考えているあなた!

 

 

 

住宅ローンを組むと、何年も払っていかなければいけないので、
途中で返済できなくなったりとかを考えると
ちょっと不安にもなるし、トータル的に少しでも安くできないか?』
なんて考えますよね。

 

 

 

その気持ちよくわかります。
特に高い買い物の時は安くできないかと考えます。
あなたが住宅ローンを組んで住宅を購入した場合に万が一の事が
あった場合心配になりますよね?

 

 

 

金融機関の『住宅ローン』を利用したケースでは、
通常『団体信用生命保険』もあわせて加入しています。
ですから万が一の時には、ローン残高はこの『団体信用生命保険』から
銀行に支払われますので、以後のローン返済はなくなります。
この結果残された家族は住居の心配から解放されます。

 

 

 

ここからが大切なポイントです!

あなたが住宅ローンを組む前に『賃貸住宅』に住んでいて、
さらに生命保険に加入していた場合、加入中の生命保険は、
あなたがが死亡した場合の『以後の住宅費用』を考えた設計になっている可能性がほとんどです。
その設計だとしたら、その分の保障は・・・・・?
そうです!いらないですよね。
その部分の保険必要ですか?節約できます。

 

 

 

流れをわかりやすく説明しますと

①住宅ローンを組むと団体信用生命に加入する。
②万一の場合の住宅費の心配がなくなる
③住宅費分にあたる生命保険金額を減額できる
④保険料が安くなる

 

 

 

このように住宅ローンを利用して住宅を購入した場合は
保険が節約できるケースがあります。

 

 

 

もしあなたが既に生命保険に加入していて、その中に住宅資金の
保障額も含まれているのであれば、それは重複加入と言う事です。

住宅ローンを組む場合は誰に相談すればいいの?

もし保険の重複加入をしているのであれば・・・

•減額した分の保険料を住宅ローンの繰上返済の資金に充てる
•長期療養で返済ができなくなるリスクに備えて、長期所得補償保険等の損保に加入する

こういった感じで備える事ができます。

 

 

 

上記でもわかりますように住宅を購入するタイミングは、保険のムダを省いたり
安くするチャンスです。
しかしながら、このムダをチェックしていく作業はやはり専門知識が
必要になってきますので、あたなが時間とエネルギーをかけて調べるのではなく、
ファイナンシャル・プランナーと呼ばれる家計や保険のプロに
相談するのが賢いですし合理的です。

 
ファイナンシャルプランナーというのは名前は耳にした事があると思いますが、
保険とお金の専門家の事です。

 

 

 

つまり住宅ローンを組む時には、「住宅ローン」と「生命保険」のことを一緒に
相談できるファイナンシャルプランナーに相談するのがベストです。

 

 

 

相談は無料でできるので、使わない手はありません!
今すぐ相談しましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です