住宅ローンを組む場合に民間の保険と団体信用生命保険はどっちが得?


住宅を購入しようかと本格的に考えているけど、フラット35で住宅ローンを
組む場合に『団体信用生命保険はどうしますか?』って聞かれます!

 

 

 

『いやいやもう保険すでに入っているしさらに保険に入るの?』

 

 

 

そう疑問に思ったあなたはかなり賢いです。
できればいくつも保険に入りたくはないですし、少しでもムダを
省きたいものです。

 

 

 

団体信用生命保険というのはあなたが住宅ローンの返済途中で仮に
死亡してしまった、あるいは高度障害になってしまった時に、
あなたに代わって住宅ローンの残りを支払う保険です。

 

 

 

この特徴は金融機関が、ローン利用者をまとめて生命保険会社に
申し込むので、掛け金が安く、そして加入年齢による条件の
差もないので、メリットの多い保険です。

 

 

 

団体信用生命保険は任意加入ですが、なんとローン利用者の
約9割が加入しているといわれています。

 

 

 

一方で民間の生命保険会社が取り扱っている
収入保障保険という商品があります。
収入保障保険とは、死亡時に一時金をもううか、もしくは収入のように
毎月保険金を受け取るかという保険商品です。

 

住宅ローンを組んだら専門家に保険相談をしてみる!

例えば30才でフラット35を利用して住宅ローンを組んで繰上返済を行います。
そして22年以内に住宅ローンを完済することができるとします。
このケースですと団体信用生命保険に加入するよりも
収入保障保険に加入するほうが得になります。

 

 

 

しかし家を建てる年齢やライフスタイル、収入、家族構成によって、
団体信用生命保険が良いのか?民間の生命保険を選択したほうがベストなのか?
素人には複雑すぎてわからないのです。

 

 

 

個人によって人生設計が違いますので、あなたに合ったライププラン
保険の入り方をするべきなのです。

 

 

 

つまり住宅ローンを組む時には、『住宅ローン』」と『生命保険』の
ことを合わせて相談できるファイナンシャルプランナーに相談するのが
賢い選択です。

 

 

 

 

ファイナンシャルプランナーが一番始めにあなたにしてくれる事は
あなたの家の家計の診断です。

 
これは今後のライフプランを作成する上でとても重要です。
その他に長期の貯蓄計画や資産運用、住宅購入、保険選びに
関しても相談にのってくれる人、つまりお金の専門家です。

 

 

 

今の時代お金の専門家が身近にいる存在です。
お金持ちだけが相談できるなんていうのはとっくの昔!
無料で相談できるので、少しでも得したい場合は今すぐ相談しましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です