住宅ローンと生命保険そしてがんの関係性を知っておく!


 

あなたが住宅ローンを組んでマイホームを購入しようと思ったけど、
以前にがんになってしまい、現在療養中なので、住宅ローンが組めないのでは
ないか?と思っていませんか?』

 

 

 

たしかに住宅ローンを組む際にはほとんどのケースで団体信用生命保険に
加入する事が義務つけられていますので、がんの様な大きな病気を
した時には審査が通りにくくなります。

 

 

 

団体信用生命保険とはあなたが住宅ローンの返済途中で仮に死亡して
しまった時に、あなたに代わって住宅ローン残高を支払う保険ですね。

 

 

 

団信に加入する為の審査書では過去3年以内の重度の病気や
手術歴が問われますので、通常審査通過は困難です。

 

 

 

しかし銀行によっては、独自性を打ち出しているケースも存在します。
例えば高血圧・糖尿病・肝炎などの持病があっても入れる引受基準緩和型の
団信を扱っているところや3大疾病・8大疾病になるとローンの
返済が免除される住宅ローンを扱っているところなどもあります。

 

 

 

疾病保証付き団信いわゆるがん団信と言うものです。
がん団信は金利が高くなります。
住宅ローンという長期契約の性質上致し方ないところでしょう。

 

 

 

フラット35で住宅ローンを組む場合には団体信用生命保険は任意ですので
その場合にはここで考えたい事があります。

 

 

 

がん団信に入るよりも、普通の団信とがん保険の組み合わせの方が安く
済む場合があるからです。

住宅ローンと保険の組み合わせで困ったらプロに相談するのがベスト!

住宅ローンを組む際に必ず関係してくるのが保険の事です。
しかもあなたががんにかかってしまっているならなおさらですね。

 

 

 

このようなケースであなた1人で解決する事は非常に困難ですし、
とても住宅ローンと保険の関係が複雑なので時間がかかりすぎます。

 

 

 

やっと自分で解決できたと思っても気づいたら、『必要な保険が重複していて
ムダに支払っていた』なんて事にもなりかねません。

 

 

 

このような時はファイナンシャルプランナーという保険とお金の
プロに相談するのがベストです。

 

 

 

保険とお金の専門家ですので、あなたにわかりやすく説明してくれますし
必要な保険、ムダな保険などきっちりアドバイスしてくれます。

 

 

 

住宅ローンを組んでマイホームを購入するという事は、あなたは人生に
おいて次のステージに立ったと言えます。

 

 

 

保険の見直しに基本はステージごとに見直す事です。
そうすればあなたが必要な時に必要な保険に入っている事に
なるのです。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーに相談するのは無料です。
あなたに一切費用はかかりません。
住宅ローンと生命保険の事を一緒に相談できる専門家に相談しましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です