住宅ローンを組むのに団体信用生命保険の加入した時に考える事!


住宅ローンを組んでそろそろマイホームの購入をと考えているあなた!
マイホーム購入時に団体信用生命保険に入らなければいけないと聞いて、
あなたは『すでに生命保険に入っているからここで又保険に入るの?』
思われるかも知れません。

 

 

 

金融機関で『住宅ローン』を利用する時には、一般的に
『 団体信用生命保険』もあわせて加入しています。

 

 

 

団体信用生命保険はあなたが住宅ローンの返済途中で死亡してしまったとか、
高度障害になった時に、あなたに代わって住宅ローン残高を支払う保険です。

 

 

 

団体信用生命保険の特徴は掛け金が安く、そして加入年齢による
条件の差もないので、とても利点の多い保険と言えます。

 

 

 

ここで考えるのが念願のマイホーム購入・・・万が一に備えて保障も増額?!
あなたは考えていたかも知れません。

 

 

 

いえ、慌てないで下さい、逆ですよ!!

 

 

 

つまり住宅ローンを組んだ場合には、たいがい団体信用生命保険に加入します。
そしてあなたに万が一の事が起こった時には、その保険金で住宅ローンを
全額返済が可能になるため、あなたのマイホームは資産となり、手離す必要はなくなります。

 

 

 

ここで備えなければいけないリスクは、あなたが病気やけがが原因の
長期療養による就業不能状態、そして失業などで収入がなくなってしまって、
住宅ローンが払えなくなるリスクについて備える事です。

 

 

 

このような場合は死亡保障や医療保障を見直してあなたが今入っている保険料を
見直す事によって、保険料を減額できる事がほとんどです。

 

 

 

というのはあなたが今入っているの生命保険は、あなたが亡くなった場合の
以後の住宅費用』を考えた設計になっている可能性がほとんどだからです。

住宅ローンと生命保険は切っても切れない関係?!

このように住宅ローンと生命保険というのは密接につながっていますし、
しかも個人個人によって環境、収入、家族構成などバラバラですので、
その都度見直しが必要になってきます。

 

 

 

環境が変わったのに保険の見直しをしない場合はほとんどムダな部分
出てくると思った方がいいと思います。

 

 

 

そんな時に相談したいのがファイナンシャルプランナーです。
ファイナンシャルプランナーとはお金と保険の専門家です。

 

 

 

保険にあまり詳しくないあなたが、各社の資料請求をして保険を比較する時、
保険会社・保険料・保障内容すべてを総合的に判断をして
自分に合ったプランを作るのはかなり難しいはずです。

 

 

 

あなたに万が一の事が起こった場合に、
遺族が生活するためにいくら必要?
病気にそなえて、どのくらいの保障があれば安心?

 

 
家族構成や今後のライフプランに応じた必要保障額を
ファイナンシャルプランーはわかりやすくあなたに教えてくれます。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーに相談するのは無料です。
あなたに一切費用はかかりません!

 

 

 

住宅ローンと生命保険を合わせて相談できるファイナンシャルプランナーに
相談するのが合理的です!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です