住宅ローンを組んで保険に入る場合のおすすめの方法はコレ!


消費税が増税になるので、少しでもお得に住宅を購入したいと
思っているあなた!

 

 

 

住宅は高い買い物なので、消費税が少し上がっただけでもトータルで
考えるとその増税分だけでもかなりの金額になりますものね。

 

 

 

住宅を購入する時に自己資金で賄える人はほとんどいないので
あなたも住宅ローンを組むと思います。

 

 

 

その時に団体信用生命保険に加入する事が条件なのがほとんど
だと思います。

 

 

 

この団体信用生命保険というのはあなたがもし死亡してしまったとか、
高度障害になった場合に保険でまかなえるシステムですね。

 

 

 

金融機関独自の住宅ローンのケースでは、団体信用生命保険は
原則強制加入なので、その保険料は、団体信用生命保険については
金融機関に支払う利息に含まれています。
ですから、団体信用生命保険以外での住宅ローンを補填してくれる
保険を考える必要はありません。

 

 

 

あなたが、住宅金融支援機構の『フラット35』で住宅ローンを組むケースでは、
団体信用生命保険に入るのは任意になります。
従って団体信用生命保険に入らなくても、民間の保険で内容の良い商品が
あればそちらに加入して、安心して住宅ローンを組むこともできます。

 

 

 

民間の保険の中では収入保障保険が最適でしょう。
説明すると、安い保険料で大きな死亡保障がカバーされていて、
基本保障は死亡・高度障害だけで、保険期間中に先の状態になってしまった際には、
毎年年金のように保障を受け取れる保険であり保険料が安く済むからです。

あなたは団信か収入保障保険のどっちが適切か自分で選べますか?

収入保障保険には年齢が若い人が有利だったり、非禁煙割引も活用できる保険商品が
存在したり、女性の場合は、さらに保険料が安くなるって知ってました?

 

 

 

あるいは年齢が高い人は団体信用生命保険が有利だとかって
なかなか気づかないですよね?

 

 

 

さらに盲点になるのがあなたが死亡した時は保険が適用されるけども
あなたの奥さんが死亡した時は、住宅ローンの債務者ではないので、
住宅ローンに影響がないのです。

 

 

 

子供が小さいと育児はあなたに全てのしかかってきますし、
あるいは奥さんと共働きで、奥さんの収入も計算して無理な
住宅ローンを組んでいた時は、、返済できないかも知れないですね。

 

 

 

このように住宅ローンを組む場合にプロの相談せずに自分で判断するのは
とてもリスクが高いです。

 

 

 

ここで相談すべきは住宅ローンと生命保険の事を一緒に相談できるファイナンシャル
プランナーです。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーは住宅購入、保険選びなどにアドバイスをくれる
いわゆるお金の専門家です。

 

 

 

今ではファイナンシャルプランナーも身近な存在になってきましたし、
無料で相談できます。

 

 

 

プロに無料で相談できるのに使わない手はないですね。
団体信用生命保険か民間の保険がいいかしっかりアドバイスして
くれます。

知らなかった?とならないために今すぐ相談してみましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です