住宅ローンで三大疾病特約付き保険は入っておくべきか?


あなたは住宅ローンを組むのに『家系が脳卒中なので、
住宅ローンを組んで大丈夫なのか心配していませんか?』

 

 

 

あなたの大切な家族を守るため住宅ローンを組むのは長い年月を
かけて返済していくので、慎重になりますよね。

 

 

 

あなたとしてはこれからもっと仕事を頑張って奥さんや子供のために
マイホームを購入するのに、あなたにもしもの事があって住宅ローンの
返済だけ残ってしまったら元も子もありません。

 

 

 

住宅ローンを組む際、一般的には団体信用生命保険に加入します。
あなたがもしもの事があった時には団体信用生命保険から残りのローンは
支払われるので、以後のローン返済はなくなるものです。

 

 

 

しかしここが盲点なのですが、この団体信用生命保険が適用されるのが
あなたが死亡した時、又は高度障害になった時です。

 

 

 

脳卒中になってあなたが働けなくなった時は適用されません。
この時住宅ローンの返済は引き続きありますから、大変ですね。

 

 

 

このような状態になってしまうと大変なので、団体信用生命保険でも
3大疾病付きの住宅ローンがあるのです。

本当に3大疾病付きの住宅ローン必要ですか?

ここで大切なポイントですが、住宅ローンに付帯する保障特約というものは、
住宅ローンの返済が終了すると基本的には終了します。

 

 

 

脳卒中などは高齢になればなるほどなってしまう確率があがります。
本当に保険が必要になった時に保証が切れている事態は避けなければ
なりません。

 

 

 

このような場合は単体での3大疾病保険に加入する方が適切なのです。
保険で難しいですよね?

 

 

 

住宅ローンを組む時って金利が高い低いだけではなくて、長期の固定金利にするのか
変動金利にするのか、ローンの保証料の金額はいくらかかるのかなど
自分の資金計画に合った住宅ローンを組むのすら大変な事です。

 

 

 

それに加えて今入っておくべき保険、住宅ローンを組む際にムダになる保険など、
自分で判断していくのは相当困難ですし、ムダが出ます。

 

 

 

このように住宅ローンを組む際にはあなたの人生のターニングポイントに
なりますので、この機会にあなたの右腕になる人を見つけましょう。

 

 

 

その右腕にする人はファイナンシャルプランナーが最適です。
ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門家ですね。

 

 

 

家系の診断、保険、住宅ローンなどあなたの今後のライフプランには
欠かせない物を適切にアドバイスしてくれます。

 

 

 

テレビでもよくやってしますし、名前は聞いた事があるかも知れません。
無料で相談できますので、今後の人生で『損だけはしたくない!』
あなたが思うのであれば、必要不可欠です。

 

 

 

なかなか予約も取れない可能性もあるので、今すぐ
行動を起こしましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です