老後の資金計画はどうすればいい?老後破産にならないために・・・


『これから子供の教育費用もかかっていくのでお金がかかる!』
『そして公的年金も親の世代よりは自分に貰える額は少ないだろう!』

 

 

 

果たして自分の老後は大丈夫なのか?

 

 

 

老後は子育ても終わって少しゆっくりしたいと思っているのに
老後にお金が足りなくて老後破産になってしまったら最悪の
結末なので心配になりますね。

 

 

 

老後資金に2,000万円必要だ!いや3,000円万円だ!あるいは7,000円万円だと
記事の内容によって金額が違っていますので、大変迷いますよね。

 

 

 

ただ本などで良く目にするのは『老後資金は3,000万円は確保しておきたい』と
いうものが圧倒的に多いです。

 

 

 

と言いますのは以前厚労省が発表した老夫婦のモデル年金月額23万円
対して、ゆとりのある老後生活費が37万円と試算されているからです。

 

 

 

年間約180万円の差額に対し、老後の生活年数、予備費を考えると上記の
金額になるという計算です。

必要な老後資金はライフスタイルによって変わってくる!

老後に必要な資金というのは個人にとって変化していきます。
ですので老後にあなたがどんなライフスタイルを送るかによっても変化
していきます。

 

 

 

老後のある程度の収入と支出を頭の中で描けていても
法律の改正や、老人世帯に不利な話はいくらでもあります。

 

 

 

例えば、この先年金カットになってしまったり、高額医療費の自己負担額
上がるかも知れません。
あるいは介護保険制度が改正されたり、年金受給年齢の引き上げが
あるかも知れません。

 

 

 

消費税だってあなたが会社の現役を退いて年金をもらう頃には
今よりも上がっているでしょう。

 

 

 

こういった法律の改正なども含めると、果たして老後破産に
ならないためにはいくらだったら安心なのかは、自分で計算するのは
なかなか難しいものです。

 

 

 

いま支払っているものをできるだけムダをなくして、
個人年金(保険や財形など)で準備していく必要があります。

 

 

 

もしあなたが漠然とした不安をかかえているならば、家計の専門家と言われる
ファイナンシャルプランナーに相談してみるのがオススメです。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーというとちょっと堅苦しいイメージがあるかも
知れませんが、その専門的な知識はきっとあたなの力になるはずです。

 

 

 

個人によってライフプランが違うので自分にとってのライフプランを
作成してもらう事が重要です。

 

 

 

将来の不安を失くして老後破産にならず勝ち組になりたければ
ファイナンシャルプランナーを有効活用しましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です