老後の一人暮らし!お金がいくらあれば安心なのか?


今の所結婚する予定がないので、この先もしかしたら
ずっと一人で暮らす事になるかもしれない。

 

 

 

そうなれば『老後の資金ってだいたいいくらくらい必要なんだろう?』
って思ったりしませんか?

 

 

 

パートナーがいればなんとなく安心ですが、相談する相手もいないし、
今後『年金も本当に自分が老後になった時にしっかりもらえるのか?』
など不安ばかりがありますよね。

 

 

 

あくまでもモデルケースですがだいたいの金額を計算してみたいと
思います。

 

 

 

あなたが60才で単身無職の年金収入のみだとするとおおよそ
収入が月11万円です。

 

 

 

支出は平均月15万円と言われています。
簡単に考えて毎月4万円足りない計算ですね。

 

 

 

65才から年金をもらったとして85才までの20年間生きたとします。
40,000円×12ヶ月×20年=9,600,000円
おおよそ9,600,000円が必要という事になります。

 

 

 

ただこのモデルケースでは住居は持ち家で計算していますので
賃貸住宅であれば家賃分はそのまま上乗せで考える必要が
あります。

 

 

 

そして65才から年金を貰える計算ですので、あなたがもし60才で定年退職
しているのであれば、60才から65才までの5年間もし働かないのであれば
その間の蓄えも必要になってきます。

 

 

 

あなたが年金生活と同じ生活をしたとすると
150,000円×12ヶ月×5年=9,000,000円
5年の間に9,000,000円が必要になってくるという事ですね。

 

 

 

これはあくまでも娯楽をあまりせずにほぼ健康に生きた場合の想定ですので、
旅行にたくさん行きたいとか、病院に多く行くようになった、介護が必要、
医療施設に入ったなどは計算されていません。

 

 

あくまでの最低限度でこれだけのお金が必要になってくるという
計算です。

パートナーはいなくても相談できる相手はいる?

 

老後の一人暮らしは何かと不安になるものです。
考えただけでもちょっと不安になりますよね?

 

 

 

でもお金の有利な貯め方やあなたのこれからのライフプランを
一緒に考えてくれるお金の専門家に無料で相談できると
いたらいかがですか?

 

 

 

ファイナンシャルプランナーと言ってお金の専門家が世の中には
存在していて、しっかりとした資格も持っている人です。

 

 

 

このファイナンシャルプランナーに相談すれば、あなたが今払っている
保険のムダな部分を指摘して削減してくれたり、老後までのライフプランを
設計してくれます。

 

 

 

とても安心できませんか?

 

 

 

もし老後が一人でも安心していくのであれば相談してみると
いいですよ!
きっとあなたは他人よりも得する事が多いはずです!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です