老後資金はいつから貯めればいいの?その解決策は?


30代目前になってくると漠然と老後資金の事が不安になったり
しませんか?

 

 
あなたはまだ独身かもしれませんが、結婚費用、子供ができれば教育費用が
かかり、住宅を購入すれば何年もの間住宅ローンを払い続けると
いったいいつから老後資金を貯めれば安心なの?』と思われますよね。

 

 

わかります。その気持ち。

 

 

 

老後も安定した生活を送るためにはある程度の資金を確保して
おきたいものですね。

 

 

 

でもあなたが30代で老後の事を心配するのは、とても良い事だと思います。
何も考えないで老後を迎えるのと、しっかり計画して自分のライフプランを
持っている人だと、終着駅は必ず違ってきますからね。

 

 

 

ではどうすればいいか?

 

 

①独身の頃から老後に備えて老後資金として貯蓄しておく。

貯蓄するのはやはり早い分だけ有利なのは明らかです。
毎月決まった額を貯金したいものです。

 

 

②結婚したら子供のいないうちにできれば共働きで多めに貯蓄しておく

ここの段階ではある意味一番お金を貯蓄できる時期なので、可能であれば
夫婦共働きでフルに稼いで、毎月多くの貯金をしていきたいものです。

 

 

③老後という考え方はやめて、働けるうちは働く。

老後というともう働かないという感覚や意識になりがちですが、パートでも
働けるところは探せばありますので、できれば働けるうちは定年後も
働くのがより安心できる近道です。

 

 

④キャッシュフロー表を作り、ある程度の見通しを立てる。

キャッシュフロー表は是非作成したいものです。キャッシュフロー表というのは
お金の出入りの事ですね。
定年までの収入予測と65才以降の年金収入予測を表にして記入して
80才もしくは85才くらいまでのを作成するものです。

④が一番重要です!!

なぜ老後資金が不安になるのか考えてみた!

老後が不安になるというのは、自分のライフプランが漠然としている
からなんです。
一生のうち自分が稼ぐお金というのはある程度は決まっていますし、
それをどのように振り分けていくかだけなんです。

 

 

 

キャッシュフロー表を作ればある程度の見通しが立てられますので
老後の漠然とした不安というのはなくなるものです。

 

 

 

しかし自分でライフプランを立てるのは難しいですし、
真剣に向き合えば向きあう程時間もかかります。

 

 

 

そのような時はファイナンシャルプランナーに相談する事を
オススメします。
無料で相談できるので活用してみるといいですよ!

 

 

まずは家計の診断からしてくれて、資金面の相談、今後の家のローンの事や
有利な貯蓄の仕方などあなたの知らない事をたくさんアドバイスして
くれます。

 

 

 

漠然とした不安がなくなるので気持ちが安心できます。
モヤモヤが解決でき目から鱗ですよ!!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です