老後資金の心配は保険で補う!堅実なライフプランならコレ!


今の年金制度を見ているとあなたが老後を迎える時には

 

*年金受け取り額が減っている。
*年金支給時期が引き上げられている

 

とあなたは考えていませんか?

 

 

となればとても心配ですよね。
現役で働けなくなれば、収入の頼りは公的年金ですから、その年金の受取額が
減ってしまうとか、受け取り時期が先送りされてしまうとではどうすれば
いいのか?

 

 

 

公的年金以外に当然ですが自分で貯蓄していかないといけませんね。
そして堅実かつ多く貯蓄できるものとして保険を有効活用していくのが
オススメです。

 

 

 

貯蓄性のある保険は、満期日に「満期保険金」、
あるいは解約日に「解約返戻金」としてお金を受け取ることができます。

 

 

 

老後資金を蓄えるための代表的な保険として、個人年金保険があります。
個人年金保険は、年金の支払いが開始される年齢になると、
一時金ではなく年金として分割してお金を受け取れる特徴があります。

 

 

 

そういった特性から公的年金だけでは不足する生活費を補うための
準備に大変適しています。

月々の少ない保険料で老後の大きな安心が手に入る!

ここだは簡単でわかりやすい例で説明しておきます。

 

①30才男性 60才払い込み満了 月々1万円の保険料

この場合のあなたが生きている限り年額約385,000円の年金が
受け取れます。
月々にすると約32,000円ですね。

 

払込保険料総額  1万円×12ヶ月×30年=3,600,000円

受け取り年金額  385,000×10年=3,850,000円
(60才として計算)

 

つまり受け取り年金総額で見ると、将来の備えに重点を置いた
年金保険ならば高い払戻率が期待できるのです。

 

 

 

以上のように保険を利用した貯蓄でも知っているのと知らないのでは
大きな違いになり、有利な老後を迎える事ができるのです。

 

 

 

しかし今ご紹介したものはほんの一部であり、個人年金保険でも
確定年金、終身年金、変額年金と種類があり、あなたのライフプランに
よって選択する事ができるのです。
但し変額年金については扱っている保険会社は少ないです。

 

 

 

さらに個人年金保険で資産管理する有利な点として、生命保険料の
所得控除が受けられます。
住民税や所得税の節約になるため確定申告時では所得控除の手続きを
した方がいいのですが、ただし保険料支払期間が
10年以上などの条件を満たす必要があります。

 

 

 

堅実なライフプランや資産運用を重視した個人年金保険の活用は
あなたの大きな力になります。

 

 

 

将来的な生活面で不安なことがあったら早めに解決するのが良いですし、
老後の計画を確実に立てるためには
フイナンシャルプランナーに相談するのがベストです!

 

 

 

あなただけのライフプランをファイナンシャルプランナーに設計して
もらいましょう。
無料で相談できます!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です