家計診断 / もうすぐ60代で退職ですが保険やマネープランの変更って必要?


 

60代になりもうすぐ定年退職。

 

今までは会社から給料という形で生活していたので、
大きな変化はなかったけど、退職したら退職金や年金で
生活する事になるので、『保険は必要な部分とムダになる部分が
出てくるのではないか?今後のマネープランは変更しなくていいのか?』
あなたは思っていませんか?

 

 

 

そうですよね。
すでに子供が独立している時などは必要な保険って限られてくるし、
必要最小限でいいと思います。

 
1つ目として死亡保障などは子供がいる時は子供の学費などの支払い等も
あったので手厚くしていたと思いますが、すでに子供が独立している
場合などは、
①お葬式代+αの額
②残された奥様の生活費
③.相続対策
で良いと思います。

 

③の相続対策として相続財産が不動産が中心の場合は保険に入っておく
事がとても重要になってきます。
と言いますのは、生命保険を上手く使う事で、相続財産の分割や
相続税の納税資金などで必要な現金を確保できるからです。

 

 

簡単に言いますと生命保険金には相続税の非課税枠というのがあります。
効果的に対策できるメリットがあるんですね。

 

 

上記からもわかるように生命保険は相続を円滑にするためにも
利用できるので、一度専門家のファイナンシャルプランナーに
相談すると事をオススメします。

 

 

2つ目として医療保障ですがたくさん貯蓄があれば別ですが、
病気やけがに対する備えはとても大切です。
今まではなかったかも知れませんが長期入院等も想定して考えたい
所です。
ただあなたの健康状態によっては新しく保険に入る事ができない
可能性もあるので、既存の保険を安易に解約する事は避けましょう。

 

 

できれば今あなたが持っている保険証券を確認してください。
もしあなたが加入している保険が「定期保険特約付終身保険」であったら、
かなり注意が必要です。
と言いますのは医療保障が途中で終わってしまう可能性があるからです。

 

 

わかりやすく言うと60才もしくは65才で死亡保障が終身部分の数百万だけに
なってしまい、医療保障の特約がなくなるからです。

 

 

3つ目として定年退職後のマネープランです。

 

これは退職金を含むお金をどうやって運用していくかとか、国の
社会保険、健康保険などにどうやって対応していくかです。

 

例えば社会保険の手続きは、ほんの少しの手続きのタイミングの差で、
受給金額に差が出てくるのです。
健康保険の任意継続制度は、1回でも保険料の支払いが遅れると資格がなくなります。
社会保険制度は頻繁に変更される事が多いので、常に最新情報を収集したい
ですし、いつでも専門家に聞ける環境を作りたいものです。

 

 

家計の専門家ファイナンシャルプランナーに相談するのがベストです!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です