家計診断のススメ!教育費不足で泣かないための4つの提案!


これから子供がどんどん大きくなるにつれて教育費がかかるので、
その費用が心配?』っと思っていませんか?

 

 

 

今の収入を増やのは難しいけれど、かと言って子供の夢ややりたい事などを
制限してしまうのは、親にとっても残念ですし、子供の可能性を奪って
しまう様で辛いですよね。

 

 

 

子供にはできるだけの事をしてあげたいってやっぱり思いますものね。
でも現実的にかかってくるのは教育費です。
子供が大学に行く時がお金が一番かかります。

 

 

 

一般的に初年度かかる費用で国立大学で81万円、公立大学で93万円、
私立の文系で110万円と言われています。
そのための準備が一番大切になってきますので、順番に見ていきます。

 

 

 

①児童手当は必ず全額貯金

これ大事です。必ず児童手当の専用口座を作って貯金しましょう。
全部で198万円貯金できますので、大きく違ってきます。

 

 

②いただいたお祝い金は貯金する。

子供が生まれると出産祝い等お祝い金をいただく事もあります。
このようなお金も貯金に回しておけば後が楽になります。

 

 

③学資保険に加入する。

ここも重要です。学資保険もただ入れば良いというわけではありません。
ここは勘違いしがちなのでですが、学資保険と言っても保険会社や
保険商品によっては利率が違ってきます。
つまり最終的にあなたの懐に入ってくるお金が違ってくるのです。

 

そして学資保険の中には中学入学、高校入学時にお祝いとしてお金がもらえる
保険商品もありますから、もらえる金額は満期金だけでなく、途中でもらえるお金も
ある学資保険がいいでしょう。
あなたのライフプランによって15才で満期、18才で満期にするなどの
設定は必要になってきます。

 

 

 

④奨学金を利用する

奨学金は借入なのでできれば避けたい所ですが、子供が大学に行く頃に
なってどうしても金銭的に間に合わない場合は利用するのも手です。
しかし借入なので、子供には説明する事が大切です。

 

 

 

子供の教育費というのはものすごくお金がかかりますし、
事前の準備がとても大切になってきます。

 

 

 

一生懸命お金を貯めようとしてもなかなか貯まらない時期もあります。
お金の心配というのは生きているうちは常につきまといますので、
早めにあなたの人生設計を作りましょう。

 

 

 

事前に人生設計を作る事によって後で慌てなくても済むのは明白です。
大事な子供のためにも一度真剣に考えて設計してみましょう。

 

 

 

ライフプランの設計はプロが無料で作成してくれます。
あなたの家計も無料で診断してくれるので、以外な所にムダが
あるかもしれないですよ!

今すぐ相談してみましょう!

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です