結婚して共働きの場合は保険で気を付ける事は何?


新婚生活が始まって少し落ち着いた頃
そう言えば保険ってどうなるんだろう?ムダな部分とかあるんじゃない?』
あなたは思われていませんか?

 

 

そうです。
結婚してあなたと奥さんが暮らすようになった場合に、保険でチェックして
おかなければいけない事があります。

 

 

 

それはお互いに入っている保険の内容を確認する事です。
まずはこれをしましょう。
このお互いの保険内容をチェックしないと以下の事が起こります。

 

 

 

①ムダな部分などがあっても気づかない
②保険に加入しているのに、知らないがために保険金や給付金を
受け取れない。

 

 

 

このような事になってしまいます。
大変ムダですし、もったいないですね。
何のための保険かわからなくなってしまいます。

共働き夫婦はどんな保険に加入すれば良いのでしょうか?

夫婦2人の場合は基本的には死亡保障と医療保障の2つが基本に
なります。

 

①死亡保障

死亡保障はそんなに大きく掛けなくても良いと思います。
と言うのは奥さんも働いているのであれば、あなたが万が一死亡
したとしても、急に生活ができなくなるわけではないからです。

 
子供がいなく夫婦共働きであればこの時期が一番お金を貯蓄できる
ので、そちらに回すのも良いかと思います。
このあたりはバランスが重要ですね。

 

 

②医療保障

 

夫婦共働きであれば、この医療保障は必ず入っていきましょう。
もしケガや病気で働けなくなった場合を想定して加入しますが、
こちらもそんなに高い保証料の保険は必要ないと思います。

 

 
最近は食べ物が欧米化した関係もあり、若い人でもがんになる人が
大変増えていますので、がん保険も入っておくと安心です。
ここで大事なのが加入すべき保険はわかった!でも掛け捨てや終身って
どうやって選べば自分に得なの?』となりませんか?

 

 

 

例えばがん保険はがん治療は年々進化しているので、がん保険の商品内容は
結構頻繁にかわります。そのような場合は60才までの掛け捨てではなく、
将来の変化に対応して見直しができるように終身払いにしておいた
方がいいのです。

 

 

 

このような専門的な内容はやはり保険とお金のプロ
相談した方があなたにとってメリットがあります。

 

 

 

これは保険のセールスレディに相談すると言う意味ではなく、
ファイナンシャルプランナーに相談する方がベストです。

 

 

ファイナンシャルプランナーは保険だけでなく、貯蓄、資産運用、
住宅購入、ライフプランの作成など幅広い知識があります。

 

 

この段階で相談して、子供が生まれた時や住宅を購入する時なども
相談できるようにしておくのも良いと思います。

無料で相談できます。

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です