結婚を機に女性がこれだけは入っておいて損をしないたった1つの保険はコレ!


 

結婚して少し落ち着いてきた時に『独身の頃とは違ってこれから妊娠する
確率も高いので、保険ってどういうのに入っておけば安心なの?』
思っていませんか?

 

 

 

もうあなただけではなく旦那さんもいますし、今後新しい命を宿る可能性も
十分にありますので、心配になりますよね。

 

 

 

ここで心配になられた事はあなたは将来を見据えていますので、
堅実かと思います。

 

 

 

ここでは女性が結婚を機に入っておくべき保険について紹介したいと
思います。

 

 
それは医療保険ですね。
先程もお話しました通り結婚すると当然ながら妊娠する
確率が高くなります。
妊娠は女性にとって一大イベントでもあり、体が妊娠前とは変化する可能性も
あります。

 
私は病気しないから』と医療保険に入っていなければすぐに見直すべきです。
と言いますのは、妊娠や出産はあなたが考えている以上に身体に負担が
出るものです。妊娠をきっかけに妊娠中毒症になる事もあります。

 
つわりで長期間の入院を強いられる事もあります。
実際に事が起こってからでは当然ですけど手遅れになってしまいます。
私は大丈夫!』と思わずしっかりリスクに対して真剣に考えるべきです。

 

 

 

妊娠を考えている女性が医療保険に加入すべき大切さをわかって
いただけましたでしょうか?

女性が医療保険に入るのは妊娠前が良い理由!

あたなの妊娠がわかってその段階で医療保険に加入しようとしても
加入できないケースもありますし、何かしらの条件が付いてしまう事に
なるでしょう。

 

 

つまり加入ができたとしても妊娠や出産に関しては保険金が
支払われないという事です。
これは妊娠の経過が順調というのは一切関係ありませんので、
気をつけるべき事です。

 

 

 

同じ自分の身体でもいつ医療保険に加入するかで自分に有利・不利が出てきて
しまうのです。当然ですけど医療保険に加入する時は妊娠しているかどうかは
聞かれますので、ごまかして加入する事はできません。

 

 

 

そしてもう1つ大事なのが、女性特有の病気です。
子宮内膜症や子宮筋腫や乳がんや子宮がんですね。

 
特にこれらの病気や若い女性に多いですし、一度これらの病気にかかって
しまうと保障内容に条件がついてしまいあなたにとって不利になってしまいます。
早めの対策が必要ですね。

 

 

 

今まで見てきたように女性にとって医療保険はとても大切です。
あなたが今まで医療保険に入っていなければすぐに入るべきですし、
もうすでに入っているならば、保障内容を見直してみましょう。

 

 

もしかしたら十分な保障がついていない可能性もあります。

 

 

 

そして医療保険も保険会社によって保障内容が少しずつ違うものです。
できればいくつかの保険会社の保険商品を扱えるファイナンシャルプランナーに
相談するといいでしょう。

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です