社会人1年目の『貯蓄計画』!1年で100万円貯めた実際の方法!


『これから社会人になるけど貯蓄もしていきたい!でもそんなに給料は
多くないけど、貯金していけるかな~』とあなたは不安に思っていませんか?

 

 

 

貯金というのは給料が多い、少ないに関係なく自分で意識して始めていかないと
貯金ってできないものなんです。

 

 

 

その証拠に年収1千万円でも貯金ゼロの人もいますし、年収300万円でも
1000千万円の貯金がある人もいます。

 

 

 

お金があればそれだけ貯金が増えるというのではなく、ここはあくまでも意識して
始めないと貯金はなかなかできない事を知っておきましょう。

 

 

私が1年で100万円貯めた実際の方法をご紹介いたします。

 

 

収入 手取り20万円 ボーナス年間手取り40万円

支出 家賃 7、5万円
公共料金8千円
通信費1、5万円
昼食代1万円
こづかい3万円
生命保険1、2万円
貯金5万円

当時何の知識もなかった私はとりあえず100万円を貯めたいという意識があり、
上記計画を立て、実行しました。

 

 

 

まずは家賃ですが社会人1年目から通勤の関係もあり親元を離れ1人暮らしを
始めました。
公共料金は電気・ガス・水道ですね。これは季節により多少変動しますが、月に
8千円を見ておけば1人暮らしでは十分です。

 

 
通信費はパソコンのインターネットと電話代ですね。
まだスマフォはなくて携帯電話でしたが、通信費はこれくらいでした。
昼食代は貯金に対して大きなポイントでもありましたので、1食300円以内に
抑えていました。

 

 
貯金をするという計画がないと、独身なので使える金額はあるので、ついつい
1食に800円~多い時で1000円くらいは使ってしまいがちです。
貯蓄の目標があったので、昼食は計算通り抑える事ができました。

 

 
こづかい3万円は飲みに誘われた時にいったり、洋服を買ったりと、
プライベートで使うお金ですね。
ここも毎月これだけしか使わないと決めて計画しておくとできるものです。
生命保険会社の先輩に勧められて訳もわからず入った保険です。

 

 
このような形で毎月5万円貯金して1年で60万円。
そしてボーナスは年間で2ヶ月と聞いていたので、
『貯金をするには毎月の給料でやりくりして、ボーナスは使わずに貯金する』と
決めていたので、無事1年で100万円 貯める事ができました。

 

 

 

かなりギリギリの生活でしたが、慣れてしまえば意外と楽だった事と、貯蓄体質に
なったので、お金が多く入ってきても無駄使いをしなくなったのが大きいかと
思います。

 

 

 

自分でなかなか貯金がうまくいかない時はファイナンシャルプランナーに
相談するのもありです。

 

 

 

きっと自分で考えるよりは良いアドバイスがもらえますし、保険もあなたに
合った保険を紹介してもらえるでしょう。

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です