貯蓄上手になるための1つの鉄則と4つの控えるべき行動!


今は貯金が全くないけどまずは100万円を貯めたい!』
考えているあなた!

 

 

 

そうですよね。
100万円という金額は大きいですし、貯まれば『100万円貯めると言う目標を達成した
という自信にもなります。

 

 

さらに運用して増やしていくなどの選択肢も自分の中でできてきて、
よりお金を増やしていくのに楽にもなってきます。
お金に働いてもらうという感覚ですね。
そうなるとあなたが今思っているよりも遥かにお金は増えていきます。
つまり何でもそうですが最初が一番大変な訳です。

 

 

それではお金を貯めていくにはどうしたらいいか?

 

 

 

 

お金を貯めていくには1つ鉄則があるのですが、それは基本的な所で身の回りや
日常生活の中でムダな出費は徹底的に排除する事です。

日常の無駄な出費
①電気
使ってもいない所、見てもいないテレビなどに電気がついていたら 消すように心がけましょう。
②ATM
時間外など手数料がかかる時に利用したりしていたら控えましょう。
③携帯・スマホ
プランの見直し、使いすぎていないかチェックしてみましょう。
④コンビニ利用は避ける
コンビニで販売されているものは定価ですので、 同じ物であればスーパーなど 安く販売されている所を選択しましょう。
⑤加入している保険を見直す
今加入している保険はあなたに必要な保険であなたに必要な金額ですか?
保険は必要ですが、見直しで削減できるケースもあります。

 

日常身の回りだけでも、まずはムダな所を
見つけて省いていけばそれなりの金額になります。

 

 

今お金がなくても上記のように日常の細かい所を見直して
少しづつ貯蓄していく事が大切ですね。
まずは小さい所からで塵も積もれば山となるが大事です。

貯蓄のために4つの避けるべき行動!

貯蓄上手な人は消費をコントロールするのが上手です。
つまり月の収支の中で自分が何にどれだけお金を使っていいのか
把握しているのです。

貯蓄のために避けるべき行動
①集め物をしない

何かを収集しているとどうしてもお金がどんどん出ていってしまいます。
今一度それを集める事が本当に必要なのかどうか、検討してみて下さい。

②衝動買いをしない

買い物も計画的にしていく事が貯蓄への第一歩になります。
自分の収支と合っているのかしっかりと見極めていく事が大切になって きます。

③ギャンブルをしない

ギャンブルは一度負けてしまうと取り返そうとする気持ちがついてしまい、
あなたが想像する以上に、予想外の出費になってしまいます。
しっかりと貯蓄していくのであればギャンブルは避けた方が賢明です。
④2次会には参加しない

付き合いもありますので、飲みにいくのは良いとしても
2次会の参加は必要ないでしょう。 可能であれば避けた方が賢明です。

 

貯蓄をしていくのであれば散財しない事は大切になってきます!

有利な貯蓄の仕方や節約の方法はファイナンシャルプランナーに相談しよう!


ファイナンシャルプランナーとは貯蓄計画や資産運用、住宅購入、保険選びなどに
助言してくれる、いわばお金の専門家です。

 

 

節約アドバイスや家計簿チェックで最近、テレビ番組や新聞・雑誌等に
出る頻度が大変増えています。

 

 

特にオススメなのが保険マンモスのファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット
•家計全般の診断とアドバイスが受けられる
•ライフプランやマネープランが立てられる
•保険選びに必要な知識を教えてもらえる
•希望すればライフプランに基づいた保険を提案してもらえる

 

 

さらに貯蓄上手になるためのあなたが知らないと損する知識なども
アドバイスしてくれます。

 

このような社会保障制度にもファイナンシャルプランナーは精通しているのです!

 

知らないと損する社会保障制度
・ 旦那様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
・介護費用を1/10にする事ができる

 

節約・貯蓄していく上で上記項目であなたが知らない事はいくつありましたか?
ほとんど知らなかったのであれば、ファイナンシャルプランナーは
あなたにとって大変味方になる事は間違いないでしょう。

 

上手に節約・貯蓄していくためにも
一度ファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

 保険マンモスの無料相談はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です